Arsprout概説

当社は施設園芸向け環境制御システムのオープン規格である、UECS (ユビキタス環境制御システム  http://www.uecs.jp)の商標使用許諾を得て”UECS”の名称を使用した、製品・サービスを提供してまいりました。2018年7月(予定)より、次世代型ユーザーインタフェースによってより操作性の向上や新機能を追加したサービス「Arsprout(アルスプラウト)」をスタートし、当社スマートアグリ製品・サービス名称を”Arsprout”として改新いたします。

ArsproutではUECS規格を引き続き採用し、最新のフロントサイドUI技術を採用しデザインを一新しました。UECS Station CloudはArsprout クラウドとなります。UECS-Pi関連の製品はArsprout Piに統合してまいります。
※旧UECS関連製品・サービスは当面継続サポートいたしますが、将来Arsproutに統一する予定です

Arsproutの由来

Arsproutはars+sproutの造語です。
arsはラテン語で技術芸術を表し、英語のartの語源となっています。sprout新芽成長を意味します。

Arsproutは以下のことを可能にします

センシング及びモニタリング

スマホでもかんたんアクセス

ハウス内にセンサを設置することでいつでもハウス環境を知ることができます

グループシェアリング

情報共有で課題や改善方法をシェア

DCAサイクルをまわす事で生産性の改善と、産地の人材育成を可能とします

簡易制御による省力化

管理工数の大幅な削減が可能

小人数で複数のパイプハウスを管理する生産者の管理工数を大幅に削減します

多点制御による生産性改善

精度の高い制御で生産性を改善

コントローラを増設し、制御機器の多点制御をする大規模生産者にも対応

Arsproutの基本構成

Arsproutで取り扱うノードは、ハウス内に設置する内気象センサノード、屋外に設置する外気象センサノード、設置機器(アクチュエータ)を制御する制御ノードがあります。ノード同士はインターネットと同じ通信規格でデータを送受信します。
内気象センサノードや外気象センサノードで計測したセンサデータをコントローラノードが受信し、制御ノードに接続した設置機器、あるいは制御盤に接続した設置機器を制御することができます。

弊社のArsproutクラウドをご契約いただくことで、センサデータ及び制御機器の動作データをクラウドへアップロードが可能となり、ハウスにいなくてもPCやタブレット・スマホでモニタリング、機器の制御操作をすることが可能です。
※実稼働のためには、これ以外にモバイルルータやスイッチングハブ等が必要になる場合があります。

Arsprout クラウドはUECS Station Cloudの後継版

Arsprout クラウドUECS Station Cloudの後継版となります。既存機能はそのままに、新UIによる操作性の向上を実現し、さらにダッシュボードなどの新機能が追加されました。
詳しくはこちら

Arsprout Piへの統合

UECS-Pi関連のDIY環境制御ソフトウェアは”Arsprout Pi”へ統合する形となり、最新版として提供します。現行のUECS-PiもArsprout クラウドに対応していますので、引き続きご利用可能です。
現在開発中です。公開まで今しばらくお待ちください。