システム受託開発

ワビットではソフトウェア、ハードウェア双方のエンジニアが、以下のようなスマートアグリシステムの受託開発を行っています。

  • 新規ソフトウェア開発
  • UECS-PiやUECS-GW等のソフトウェアカスタマイズ
  • ソフトウェアおよびハードウェアのトータルシステム開発
  • 開発したシステムの導入※

※電気工事士の資格が必要な作業は当社では行っていません。機器導入に伴ってコンセントの増設などが必要な場合は、別途専門の業者などに工事を依頼する必要があります。

開発実績

旧環境制御ソフトリニューアル

旧い基板上で動作していた環境制御ソフトウェアを、Raspberry Piで動作する形にリニューアルしました。

椎茸栽培施設向けシステム導入

椎茸の菌床を育てる施設向けのトータルシステム導入を行いました。
 

受託開発の流れ

受託開発はおおまかに以下の流れで行います。

お問い合わせ、ヒアリング

打合せ、要件定義

文書取り交わし(見積書、注文書、NDA等)

開発、導入

アフターフォロー

受託開発についてのお問い合わせはこちらへお願いします。