UECSについて

UECSとは、ユビキタス環境制御システム(Ubiquitous Environment Control System)の頭文字を表し、「ウエックス」と読みます。植物を生産するためのガラス室・ハウス(温室)、植物工場などの園芸施設の環境制御を実現するための優れた自律分散型システムです。従来型の環境制御システムと比べて、以下のような利点があります。

ユビキタス環境制御システムの利点

  • 自律分散で中枢部がないので、故障しても全体が停止することはない。
  • ネットワークケーブル1本ですべての情報が交換できるので施工が簡単で安くなる。器用な生産者なら自分で増設も可能である。
  • 規模拡大や縮小もノード数の増減だけなので簡単である。
  • それぞれのノードの専用ソフトウェアを開発すればよいのでプログラミングが容易になる。
  • やり取りする情報が規格化されるので、企業間の共同・分業開発が容易で、各社のノードが混在できる。
  • 通信規格はインターネットの規格と同じなので、インターネットを利用した応用システムが簡単に構築でき、サプライチェーンシステムなどとの接続が容易である。

当社のスマートアグリ製品・サービスの多くは、このUECS規格に基づいて通信を行っているソフトウェアです。UECSについてより詳細に知りたい方は、
UECS研究会のページを確認して下さい。